チンチラが噛む力はどれくらい?チンチラが噛む興味深い理由とは

  1. チンチラ
  2. 9 view

チンチラは、もともと非常におとなしい性質の生き物です。草食動物で、野生では襲われる側です。敵に対して反撃なんてことはあまりないです。前歯は鋭いですが、かたい草を噛み切り、すり潰すための歯です。攻撃のため使うことはほとんどありませんが、繊維は切断できるので、人間の皮膚くらいは軽く切れます。しかし、肉を噛み千切るほどの力はありません。噛まれると、ちょっと赤くなる、嚙まれた形跡が残らない、血がにじむ事もある、など様々です。

チンチラは齧歯類なので、前歯が一生のび続けます。その為、毎日色々な物をかじります。噛むのとは違う行為ですが、かじる力としては、ケージ内の餌の木箱がボロボロに壊れるまでかじれます。もちろん、ケージ本体(ステンレス製)をかじってもケージが壊れることはありません。チンチラにとってかじる行為はストレス発散にもなるので、何かかじってもいいアイテムをケージ内に入れてあげると良いですね。ペットショップに行くと色々なかじる用のアイテムが売っていて楽しいですよ。

 

  • チンチラが噛むのには理由がある?

性格にもよると思いますが、基本的な外界へのアクセス手段が「手で掴む」か「噛みつく(くわえる)」しかないため、じゃれているつもり、毛繕いのつもりで噛みつくことはあります。この行為を、グルーミングといいます。仲間同士で毛繕いなどをして、体を綺麗にしたり、コミュニケーションをとることで信頼関係を築いたり、群れの秩序を守ります。なので、グルーミング行為としての甘噛みをすることがあります。

他にチンチラが噛む理由としては、嫌なことがあった時です。気性が荒くなったり臆病になってしまうので、強く噛みます。チンチラの環境において、何かストレスになる原因がないかよく観察してみましょう。そして、ストレスの原因を取り除いてあげたいですね。

 

  • チンチラはなつくと噛まなくなる?

チンチラは、温厚で飼い主になつきやすい性格なので、気長に構えていればたくさん甘えて触れ合えるようになるでしょう。自分から手や膝に乗ってくるようであれば、飼い主になついていると判断できます。なつくと、飼い主に対して遊びの一環としてじゃれて甘噛みすることがあります。普段は甘噛みなのに本気で噛みついてくるようであれば、前述したように、気性が荒くなったり臆病になってしまっています。何か原因があると考えられます。

 

  • まとめ

以上のことから、チンチラは、じゃれて甘噛みすることはあっても、理由もなく強く噛んだりすることはないと言えます。なので、性格にもよりますが、怪我をするほどの力で噛むということはよっぽど無いです。チンチラの多くは飼い主によく慣れ、甘えん坊で人懐っこい性格です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。