チンチラにノミはつくの?

  1. チンチラ
  2. 8 view

チンチラにノミはつく?

チンチラは毛穴から70~80本の毛が生えており、とても密なので、基本的にノミが入り込むことは出来ず、ノミがつくことはありません。

しかし、稀ですが、ノミがつくことがあります。その原因のほとんどは、同居の犬や猫といった動物からの感染です。

ノミは世界のあらゆる場所で確認できる生物です。そしてすべての動物にとって最も一般的な外部寄生虫です。ノミの体長は、約2~2.5mmほどです。目で見ることのできる砂粒ほどの大きさで、吸血性の羽のない昆虫です。運動機能にすぐれ、跳躍距離は体長の約60倍、そして約100倍もの高さに飛び上がることができます。

 

予防法は?

チンチラは、砂浴びをしていれば十分なノミの予防ができます。

同居の犬や猫といった動物たちがいる場合は、その動物たちに対しての予防をしっかりと行う必要があります。ペットショップやホームセンターに行くと、色々な予防グッズが売っています。飼い主さんは、ノミがいそうな場所に出かける際は、虫よけスプレー等を使用して、ノミに寄生されるのを防ぎましょう。

もしついてしまったら?

チンチラが体を痒そうにしていて、頻繁に掻いているようだったら、動物病院に連れて行ってあげましょう。他の皮膚病と比較し、ノミに寄生された時の痒みは強く出るので分かり易いです。動物病院では、簡単な検査ですぐにノミがついているかどうか分かります。ノミがついていた場合は、基本的に駆虫薬を処方されます。

まとめ

ノミは、犬や猫のみならず、人にも寄生し、外出先から住居の中へ侵入します。日頃から住居の清掃は丁寧に、時には家具なども移動してホコリを取り除きましょう。ホコリの中にはノミの幼虫の栄養がいっぱいです。カーペットの天日干しや洗濯、掃除機をかける等、家の中にノミが住み着きづらい環境を作ることが、チンチラにノミがつかないことにも繋がります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。