チンチラは発情期になるとどうなる?こんな違いがあるなんて、、

  1. チンチラ
  2. 48 view

チンチラの発情期、オスとメスで違いはあるの?

チンチラは発情期になると、オスメス共に落ち着きがなくなります。ケージやものをかじったりする場合もあります。また、味覚が変わり、餌を食べなくなる場合があります。チンチラの食欲が無くなるのは発情期以外の原因も考えられるので、餌を食べない日が続くようだったら動物病院に連れて行ってあげましょう。

チンチラのオスは生後6~8ヵ月、メスは生後4~5ヵ月ほどで性成熟します。オスは性成熟すると自慰行為をするようになりますので、それを参考に性成熟の時期を確認してください。オスは性成熟するといつでも交尾することができます。一方、メスには発情期が存在しています。メスの発情期は30~50日ほど。発情期になると膣が赤く変色したり、粘液が出るなどの変化があるので、実際に確認してみましょう。メスは発情期間中のみ交尾して妊娠することが可能です。

発情期の鳴き声は?

チンチラは発情期には、

・ワンワン

・アンアン

・ヴォッヴォッ

といった犬の鳴き声のような甲高い声で鳴きます。

発情期には噛むようになる?

 

チンチラはあまり噛まない動物です。しかし、発情期には、気性が荒くなって、普段は噛まないのに噛むようになる時があります。その場合は、とにかくチンチラを興奮させないようにそっとしておいてあげましょう。

 

まとめ

 

チンチラはもともと繊細な生き物です。

発情期は、その繊細さが研ぎ澄まされている状態であると言えます。

飼い主さんは、チンチラを刺激しないようにする配慮が必要です。発情期には、チンチラの環境を変えたりすることは避けてあげましょう。

チンチラの発情期が過ぎていつも通りになるまで、優しく見守ってあげたいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。