チンチラのケージコミュニケーションはどうやって始めればいいの?チンチラと仲良くなろう!

  1. チンチラ
  2. 14 view

チンチラのケージコミュニケーションとは?

 

どんな動物もそうですが、自然界では自由に動き回って生きておりチンチラも例外ではありません。

ケージコミュニケーションとは、その名の通りチンチラがケージ内にいる状態でコミュニケーションをとるということです。

具体的には、飼い主さんがチンチラに対して優しく声掛けすることや、飼い主さんの手を使って、チンチラがケージの中にいる状態でコミュニケーションを取ることです。

人懐っこい性格のチンチラですが、お迎えしたばかりの頃には触れられることを拒否することが多いです。毎日のケージコミュニケーションによって、少しずつ飼い主さんとの触れ合いを楽しむようになってくるので、気長に構えてやってみましょう。

お迎えしたばかりでまだへやんぽが出来ない時にケージから出たがるチンチラでも、ケージコミュニケーションをするだけで気分転換が出来て気持ちがおさまることもありますよ。

 

 

どのように行う?(お迎えしたばかりのチンチラ、環境に慣れていないチンチラ向き)

 

チンチラは、信頼関係を気付けていない状態で急にケージに手を入れるとびっくりしてしまい、手に対して恐怖心を抱いてしまいます。

まずは手の甲をチンチラにそっと近づけてにおいをかがせて、飼い主さんのにおいを知ってもらいましょう。ほとんどの子はケージに手のひらを入れると怖がるので、手を握ったまま入れるのがポイントです。そして、慣れてきたら食べ物を手に握って差し出してみましょう。

声掛けは、愛情をこめて行います。

一日を通しての挨拶をしたり、名前を呼んであげたりしましょう。特に、食事のたびには必ず声をかけるようにします。大好きな食事をくれる飼い主さんの声が大好きになることでしょう。

大きな声で話しかけたり寝ているチンチラに話しかけたりすると、ビックリして大きなストレスになってしまうので注意が必要です。

 

 

まとめ

 

ケージコミュニケーションによって飼い主さんとチンチラとの間に良好な関係が築くことはとても重要なことなのです。コミュニケーションは楽しいものという認識が出来ないままだと、飼い主の存在を無視して

好き勝手することを覚えてしまうでしょう。それを避けるためにもまずはケージコミュニケーション。

段階をおってコミュニケーションを踏んでいけば、抱っこなども嫌がらずに出来るようになるチンチラは多いです。

チンチラをお迎えして新しい環境に慣れてきたら、まずはケージコミュニケーションから始めて、チンチラとの信頼関係を築いていきましょう。

関連記事

チンチラにノミはつくの?

チンチラにノミはつく?チンチラは毛穴から70~80本の毛が生えており、とても密なので、基本的にノミが入り込むことは出来ず、ノミがつくことはありません。しかし、…

  • 43 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。