デグーが動かない!?考えられる理由と対処法

  1. デグー
  2. 24 view

デグーが動かないのはなぜ?

 

デグーをお迎えしたばかりなどの場合はまだ新しい環境にも慣れておらず、飼い主との信頼関係もありません。そのため警戒してじっとして動かない、なんてことはあるかと思います。

ではお迎えしたのにじっとして動かないのには何か理由があるのでしょうか?

デグーには汗腺がないので、暑さにも寒さにも弱いです。

デグーが動かなくなってしまったら、低体温症を疑いましょう。低体温症になると動かなくなってしまいます。冬に10℃以下になると低体温症になる危険性が出てくるので、温度管理には注意が必要です。エアコン等を使って調節してあげましょう。

デグーが動かないのは何かの病気なの?

 

それでもデグーが動かなくなってしまった原因が分からない、いつもと様子がおかしい。そんな場合は、早めに動物病院を受診しましょう。

急な気温の変化等の思い当たる原因が特に無いのに動かなくなった場合の原因は、もしかすると、ビタミンⅭ欠乏症という病気かもしれません。

予防するには、ビタミンCを含むペレットを与える方法が良いです。与える量は、デグーの体重の5%程度が目安です。

 

まとめ

 

デグーが動かない時は、大体、寝ている時やうとうとしている時です。大きい物音を立ててビックリさせてしまわないように気を付けてあげたいですね。

動かない原因が寝ていることやうとうとしていることではない場合は、飼い主さんは、一体どうしたのかととても心配になってしまいますよね。

気温の急激な変化が無いか等、デグーの状態をよく確認したうえで、動物病院に連れて行ってあげましょう。もし低体温症だった場合は、命に関わることもあるので、早めの対処が大切です。

 

おむかえしたばかりのデグーはこんな感じでじっとしてどこか警戒しているようになりますね^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。