チンチラはストレス死してしまう?その原因と対策

  1. チンチラ
  2. 3429 view

チンチラはストレスを感じやすく溜め込みやすい動物です。今回は、チンチラはストレスがたまると死んでしまうのか、ストレスが引き金で起こる病気や症状について、またストレスが溜まる原因や改善・対策法などを紹介します。

 

チンチラはストレスがたまると死んでしまう?

チンチラの死因に多いのが、突然死です。突然死の原因がストレスによるものである場合もありますが、ほとんどの場合、突然死の原因は不明です。

チンチラはストレスを感じると、食欲が落ちたり便秘や下痢になったりします。そうなると免疫力が低下し、様々な病気を引き起こす一因となってしまいます。本来は身体が丈夫であると同時に長寿で知られている動物です。正しい飼育環境の中で上手にストレスを発散させて、いつまでも健康で若々しく居てもらいたいですよね。

 

チンチラのストレスがたまる原因

個体差はあるものの、チンチラがストレスを感じるときにはどういった原因があるのでしょうか?ここではチンチラがストレスになる要因を知り、ストレスのない生活をさせてあげられるように、飼育環境や住民環境の改善をしていきましょう。

 

高温多湿でのストレス

 チンチラの最適環境

  • 温度:20~25℃
  • 湿度は40~50%

床材の不快感や室温が適温でないこと、餌が好みの味ではないこともストレスの原因のひとつです。特に室温は26℃を超えると体調を崩しやすくなります。また湿度は50%を超えることがないように管理しましょう。湿度が高くなると体調を崩しやすくなる上に皮膚病を発症してしまう可能性があります。

夏場や梅雨の時期は除湿器を使用するなどして、しっかりと湿度の管理を行います。そして梅雨や夏の湿度が高い時期は肌が蒸れてしまうので、砂浴びの回数を増やしてあげましょう。

 

大きな物音に弱い

チンチラは聴覚に優れていますので、ちょっとした物音や気配に良く反応します。温度や湿度もストレスと関係していますが、それ以上に大きな物音にもとても弱い動物です。

外音の工事の物音や、テレビや音楽などもチンチラにとってはストレスになりかねません。ケージは外音がよく聞こえる場所には置かない、テレビ等のAV機器の近くに置かない、また音楽はイヤホンを使用して聴くなどの工夫をしましょう。

 

驚かせるのはダメ

チンチラの死角から突然ケージ内に手を突っ込んだり、油断しているところを背後から触れるなど、チンチラを驚かせてしまう行動は避けましょう。外敵から身を守る本能を持っているチンチラや小動物は、死角から突然迫られることに強いストレスを感じてしまいます

チンチラに近づくときは声をかけるなどして、人間が近くにいることを確認させてから触れるようにします。またその際は突然大きな声を出すとビックリしてしまうので、優しく声を掛けてあげましょう。

 

環境の変化に弱い

チンチラは臆病な一面があり、環境の変化に敏感なので、引っ越しや模様替えなどでもストレスを感じてしまいます。なるべく部屋の家具の配置変えをしないように心掛けましょう。

 

慣れていない人間との接触

通院時など、普段の環境と違う場所で飼い主以外の人間に触られることをとても嫌がります。また家では、来客の方にも事情を説明して静かにしてもらう、またはチンチラとの接触を避けることが無難です。

 

チンチラのストレス解消方法は?

チンチラは撫でられることが大好きな甘えん坊な一面がある一方で、長時間触れられることを嫌がるなど、あまのじゃくな気難しい性格です。ここではチンチラの正しいストレス解消法を知り、上手にストレスを発散させてあげましょう。

 

回し車

ケージ内に回し車を設置して運動させてあげましょう。回し車は、直径35~40cmで金属板をまげて作られたものがチンチラに適しています。回し車を選ぶ際は、丸洗いできるもので、音が静かなサイレントホイールなどがお勧めです。

 

トンネル

チンチラは、野生ではサボテンなどの芯をくり抜いてトンネル状にし、くぐって遊んだりしています。それほどトンネルも大好きです。なので、ケージ内にトンネルのおもちゃを入れてあげると楽しそうに遊びます。トンネルの素材は木材、陶器、素焼きがお勧めです。プラスチック製やビニール製のものは、かじって体内に入ると害になるので使わないようにしたいですね。

 

砂浴び

出来れば毎日、最低でも週に1回は砂浴びをさせてあげることがストレス解消になります。理想としては、1回に約30分程度がよいでしょう。

チンチラの砂浴びについては以下リンクも参考にしてみてください。

 

部屋んぽ(散歩)

個体差はありますが、理想としては毎日同じ時間に30分~3時間くらい部屋で遊ぶ時間をとってあげましょう。その際はチンチラがいる部屋では危険な物を置かない、家具と家具の隙間は新聞紙を丸めて埋める、コード類はかじらないように片づけるなど安全対策をとってからにします。

また脱走してしまわないように窓やドアは閉めておくこと、思わぬ事故を防ぐために部屋んぽをする前は同居している家族に今から部屋んぽをする旨を伝えましょう。

部屋んぽについては以下リンクも参考にしてみてください。

 

チンチラのストレス・まとめ

チンチラは活発な動物ですので、ストレスを感じている状態がみられたらその原因を改善して、ケージ内でも本能を満たすことが出来て、運動不足を解消できるような遊具を設置してあげましょう。

チンチラはストレスで体調を崩しやすい動物ですので、正しい飼育方法を知り、ストレスフリーな暮らしをさせてあげたいですね。

関連記事

チンチラにノミはつくの?

チンチラは基本的にはノミが寄生することは無いといわれています。しかし稀に同居している動物たちや、人間が近所に住んでいる動物からノミを運んでしまうことによって感染する場合が…

  • 677 view

コメント

  1. Respect to post author, some fantastic entropy.

  1. この記事へのトラックバックはありません。