チンチラが寝言をいうのはストレスが溜まってるから?意外な原因とは

  1. チンチラ
  2. 778 view

チンチラは寝ているときに突然甲高い声で鳴くことがあります。これは寝言のようなもので、時には歯ぎしりもするようです。チンチラの寝言にも意味があり、鳴き方によってチンチラのストレス状態がわかるといわれています。

今回はチンチラの寝言とストレスの関係、寝言の意味などについてを紹介します。

 

チンチラが寝言をいうのはストレスが溜まっているから?

チンチラが寝言をいう原因はなんでしょうか?ご自分の行動と共に、チンチラをそっと覗いて観察してみましょう。チンチラが寝ているときに周りをうるさくしていることなどありませんか?(寝ている近くで掃除機をかける、テレビの音や話し声等)

チンチラは基本的に昼間寝る動物です。人間もそうですが、寝ているときに周りで騒がれたら嫌な気持ちになりますよね。チンチラも同じで、そういったときは寝ながら鳴くことがあるようです。

 

チンチラの寝言は何て言っている?

チンチラにとって鳴くということは感情を表す手段です。日頃から、どんな時にどのような鳴き方をしているのかを把握することで、どういった寝言を言っているのかが分かります。

学術誌「eLife」にスピアーズ氏が発表した論文によると、実験用ラットに食べ物を見せてから眠らせると、特定の脳細胞が餌にありつくための道を辿る反応を示したといいます。哺乳類は起きている間の出来事を整理する為に夢を見るといわれています。チンチラも起きている間の情報を整理するために、夢を見て寝言を言っているのかもしれませんね。

 

キューキュー・プープー・プップッ

小さい声でこのような鳴き方をするときは、飼い主さんとのコミュニケーションも良好で、ストレス状態も低いと考えられます。

意味は「飼い主さんと遊びたい」「甘えたい」「かまって欲しい」という感情が込められています。

 

ギャッギャッ・ケーッケーッ・グーグー・ギョエー

大きな声でこのように鳴いているときは、威嚇をしているなど不満の感情が込められています。このような鳴き方をするときは仲間に危険が迫っていることを知らせる「警告」でもあり、前後に何があったかで判断ができます。

もし前後に何もなかった、検討がつかないといった場合は、チンチラは聴覚や臭覚に優れた動物ですので、人間には分からない何かを感じ取って危険を知らせているのかもしれません。

またチンチラとのコミュニケーションがとれていないと、不意に触られたり驚いたときに飼い主さんに対しても、このような鳴き方をすることもあるようです。

 

ワンワン・アーア―・ヴォッヴォ

甲高い声でこのように鳴いているときは、求愛をしたり発情していることが考えられます。しかし、発情している様子が無ければ、何かしらのストレスを抱えている可能性があります。温度や湿度の確認や、飼育環境をチェックするなど、チンチラのストレスを解消してあげましょう。

チンチラのストレスについては以下リンクも参考にしてみてください。

 

チンチラの寝言はやめさせられる?

チンチラも寝言を言う時は人間と同じで、普段からストレスなく飼い主さんとのコミュニケーションに満足していれば甘えたような寝言を言ったり、ストレスに晒されるような環境に居れば不満を表す寝言をいう可能性があります。

まずは、チンチラがなぜ鳴いているのかを突き止めることが大切です。例えば、温度や湿度が合っていない、ケージ内が汚れているなど、意外ににそんなことで鳴くの?ってことで鳴くものです。チンチラをよく観察して原因をつきとめて、それを改善してあげましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。