ハリネズミが動かないのにはこんな理由があった!理由と対策

  1. ハリネズミ
  2. 1152 view

ハリネズミを飼っていると丸くなって動かない様子を見て「あれ?病気?」と心配になる飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。今回はハリネズミが動かないいくつかの理由や、その対策についてを紹介したいと思います。

ハリネズミが動かない理由

なんとなく元気がないような気がする、いつもと何だか違うような気がする…と、いつもハリネズミをよく観察している飼い主さんなら思うことがあるかもしれません。

ハリネズミは暑さや寒さに大変弱く、暑すぎれば熱中症に、寒すぎると低体温症になる危険性があります。

飼育下の中では、暑すぎても寒すぎても逃げ場がないと耐えることしかできません。飼育環境は、寒ければ暖かい場所に暑ければ涼しい場所に移動できるような環境を作ってあげることが大切です。

 

ハリネズミの季節対策

ケージ内には『温度勾配』をつけるということが最も重要です。冬だと24度の場所、26度の場所、29度の場所…と温度に変化があると、暑ければ自分の居心地の良い場所に移動して過ごすことができます。

また寝床だけを暖かくすると、暑くて寝床から出てきたときに、一気に体を冷やしてしまうことになるので、身体に負荷が掛かってしまいます。

ケージ内では段階的に温度の変化をつけるのがベストです。

 

夏の暑さ対策

暑さ対策のポイントは「温度」「湿度」「衛生管理」です。

  • 直射日光が当たる場所は避ける
  • エアコンで温度管理をする
  • 除湿器などを使って、湿度を下げる
  • 給水ボトルの水に小さな氷のかけらを入れる
  • 夏は風通しのいいケージにする
  • 食べ残しは痛みやすいので早く取り除く
  • 排泄物の掃除はまめにする

エアコンで温度管理をするのが1番だといっても、体を冷やしすぎるのは良くありません。夏でもフリースの寝袋などを用意して、ハリネズミが寒いときに潜りこめるようにしておくのが良いでしょう。

 

冬の寒さ対策

冬の温度管理はとても重要です!寒いと中には冬眠する子もいますが、ヨツユビハリネズミなどは冬眠する能力を持っていません。寒ければ体温が低くなってしまい、低体温症となってしまいます。

  • ケージ内にペットヒーター類を設置する
  • フリースの寝袋を設置したり、ケージ内にフリースの布を置く
  • 加湿器を使用する
  • 冬だけ保温性のいい水槽や衣装ケースをケージ代わりに使用する
  • ケージを毛布や段ボール、ビニールシートなどで覆う。前面部分は開けておき、空気がこもらないように注意

冬では前述したように全面を温かくするのではなく、暖かい素材のフリースの布などを使用し、ケージ内が段階的に温度変化がつくように工夫することが大切です。

 

ハリネズミが動かない理由と対策まとめ

ハリネズミは『夏眠』『冬眠』をしてしまうと体に負担が掛かり、とても危険です。しっかり温度や湿度には気をつけて対策をしてあげましょう。ハリネズミの好適環境は、温度が23~32度(最適は24~29度)、湿度は40%まで…と、やや乾燥した状態が適しています。

ハリネズミが動かず元気がない理由には、冬眠・夏眠・病気などが考えられます。

冬眠・夏眠の場合は、命に関わる危険がありますので、冬眠の場合はすぐに温め動物病院で診察してもらいましょう。

関連記事

コメント

  1. I see something genuinely interesting about your web blog so I saved to favorites.

  1. この記事へのトラックバックはありません。