ハリネズミが運動しないとどうなる?【ハリネズミ健康法】

  1. ハリネズミ
  2. 528 view

ハリネズミを飼育している飼い主さんの中には「うちの子は回し車であまり遊ばない」「じっとしてあまり動かない」など、運動をあまりしないことに不安を感じている方もいるのではないでしょうか?

今回はハリネズミの運動量や遊びの種類、運動量が足りないとどうなるのか…、その他ハリネズミのユニークな健康促進法などについて紹介したいと思います。

 

ハリネズミにそもそも運動は必要なのか?

ハリネズミは臆病な気質なのに、実は運動量が多く好奇心が旺盛な生き物です。

生活の中で色々な遊びや運動をすることで、ハリネズミの本能を満足させストレス解消にもなります。生活の質を高めるためにも色々な行動レパートリーを増やすことは、ハリネズミにとっても飼い主さんにとっても楽しみのひとつになります。

食べる量が運動量よりも多くなると『肥満』になる恐れがあります。肥満はハリネズミにとても多く、一見まるまるとしたハリネズミはとても可愛いです。しかし、肥満は病気ではありませんが、様々な病気を引き起こす一因となったり、病気の治療がしにくくなりますので過度な肥満には注意が必要です。

 

ハリネズミの運動にはどのような方法がある?

ハリネズミの暮らしにも刺激はとても大切です。過度な刺激は必要ありませんが、好奇心をくすぐられるような遊びや、物を考えること、いつもと違う遊びなど適度な刺激を取り入れるといいでしょう。

肥満防止のためにも、たくさんの遊びを用意してあげたいですね。

 

回し車であそぶ

遊びの中で1番人気が高いのは、やはり回し車です。統計的には約半数(45%)のハリネズミが好んで遊んでいて、中には長時間走り続けるハリネズミもいるようです。

回し車を走ることは本来のハリネズミでの本能ではないですが、長距離を移動した気分になれる回し車は、手軽でおススメの運動法です。また、体を動かすことで消化管の働きが良くなります。

 

狭い場所にもぐる

潜りこみ遊びもハリネズミが大好きな遊びのひとつです。ものかげなどを好み巣にしているハリネズミとって「トンネル」や「チューブ」などは安心して遊び場として活用できるアイテムです。トンネル・チューブでなくても、適当に畳んだフリースの布にもぐって遊ぶことも好みます。

 

砂場・砂浴び

砂浴びは生後3ヶ月から遊ばせることができます。ハリネズミはモグラの仲間といわれていて、砂浴びをするというよりは砂を掘るという習性を持っています。

砂浴びは運動欲求が満たされストレス解消になる他にも、皮膚を清潔にする効果があります。ハリネズミはダニが付きやすい生き物ですが砂浴びをすることによって、付着したダニを落とすことが出来ますので、皮膚の状態を綺麗に保つためにもぜひおススメです。

固まるタイプの砂は、生殖器についてしまう危険性がありますので使用を避けましょう。

 

ハリネズミの健康促進法はあるの?

ハリネズミにとって運動がとても大切な健康法であることはお分かりいただけたと思います。それでは次は運動以外の面白いハリネズミの健康促進法として『ハリネズミの足湯』のやり方を紹介します。

足元が汚れたハリネズミはとても不衛生で皮膚疾患の原因にもなりますので、足湯をして綺麗にしてあげましょう。

  1. 乾いたタオルを用意する。
  2. 洗面器やシンクを活用します。足元がすべるとハリネズミが不安になるので底にゴムマットなどを敷くとよいでしょう。
  3. お湯の温度は36~37度くらい。ハリネズミを驚かせないように洗面器にお湯を張ってから入れてあげてください。
  4. お湯の深さは足湯だけなら3~4cm、シャンプー剤は必要ありません。
  5. 別に洗面器を用意して綺麗なお湯ですすいで、タオルドライします。

ハリネズミに足湯と聞くとユニークですが、清潔に保つためにも必要ですし、ハリネズミとのコミュニケーションになりますのでぜひおススメです。

関連記事

コメント

  1. It?¦s in point of fact a great and useful piece of info. I am happy that you shared this useful information with us. Please keep us informed like this. Thanks for sharing.

  1. この記事へのトラックバックはありません。