デグーの目やにが出る原因とは?早めの受診を!

  1. デグー
  2. 257 view

デグーから頻繁に目やにが出ていたら、何かしらのトラブルを起こしている可能性があります。様子を見て続くようであったり、目やにに違和感があれば、感染症の疑いもありますので動物病院を受診しましょう。

今回はデグーの目やにについて紹介します。

 

デグーはなぜ目やにが出るの?

デグーの目やにが出る原因はさまざまです。デグーの目やにでは、埃や砂が目に入るなど「外部からの刺激」を受けている場合が多いです。その場合は一過性のものなので心配する必要はありませんが、目やにが続く、多くなるといった場合は、感染症や他のトラブルが考えられます。

 

感染症の疑い

 

症状

目やにが多くなり、瞼がふさがる
眼球が白く濁る
重症化すると視力を失う
原因 不衛生な環境による細菌感染
埃や異物が目に入ることで起こる

一過性の目やには心配がないものが多いですが、しばらく様子を見ても目やにが出続けるようであれば、結膜炎などの感染症を起こしている可能性があります。

デグーの結膜炎は、片目が目やにで開かなくなったり、眼球が白く濁るといった症状がみられます。治療が遅れ重症化すると元には戻らない危険性があり、酷い場合は視力を失ってしまいますので、早急に動物病院で治療をする必要があります。

治療法としては抗生物質の入った炎症を抑えるための点眼を行います。治療中は、床材の使用や砂浴びは中止にしましょう。

 

不正咬合が原因

デグーの目やにが片方だけから出ている場合は、不正咬合が原因かもしれません。もし不正咬合が原因の目やにであれば、不正咬合の症状が進行していて、伸びた歯根が副鼻腔や眼球を刺激している可能性が高いです。

不正咬合では他にも、口臭がする、くしゃみが出る、食欲不振になる、よだれが出る、歯ぎしりが増える、くわえたものをこぼすなどの症状がみられます。目やに以外にもこのような症状がみられる場合は不正咬合を疑います。

定期健診で不正咬合を発見しやすくなるので、普段から定期健診をしっかり受けておくと安心です。

 

目や角膜に傷が入っていることも

多頭飼いの場合は、他のデグーに目を引っかかれた傷によって目やにが出ている場合があります。また尖った床材などで角膜を傷つけてしまうこともあります。

相性が良くないデグーのケージを別にする、デグーの爪が伸びすぎないように爪切りをする、床材を変えるなどの対策を行いましょう。

デグーの爪切りに不安を感じる飼い主さんは、無理をせずに動物病院で切ってもらいましょう。

 

デグーの目やにを防ぐには?

ホコリ等の異物による目やにを防ぐには、室内とケージ内を小まめに掃除して清潔に保つことが大切です。目やにの原因が結膜炎である場合は、予防することは難しいです。

不正咬合からの目やにである場合は、根本の原因である不正咬合を予防することが目やにの予防にも繋がります。不正咬合を完全に予防することは難しいですが、ケージを齧ることで不正咬合になりやすくなるので、ケージを齧る子の場合はケージ齧りをやめさせると良いですよ。

また、おやつに干した野菜や種子を与えると、奥歯を使って噛む回数が増えるので歯をすり減らすのに効果的ですよ。

 

病院に連れて行った方がいい?

デグーの目やにが出るのが一時的なものであれば、大抵の場合は目に入った異物が排出されただけなので、動物病院に連れて行く必要はありません。

しかし、目やに以外の症状も一緒にみられる場合や、目やにで目が開かないなどの異変がみられる場合は早期治療を必要とすることが多いので、動物病院に連れて行ってあげましょう。

 

デグーの目やに・まとめ

デグーの目やには、心配の要らない一過性のものが多いです。しかし、症状が続くようであれば動物病院を受診しましょう。重症化してしまうと治療に時間がかかったり、デグーや飼い主さんの負担が大きくなってしまいます。

何より目やにで視界が悪くなるのはデグーにとっては強いストレスになるので、とても可哀想です。なるべく早期に治療をしてあげて、デグーの不快感を取り除いてあげたいですね。

関連記事

デグーに乳酸菌は必要なの?調べてみた

人間にとって乳酸菌はなくてはならない身近なものですが、デグーにも日常的に乳酸菌を与えたほうが、デグーの身体にも良いのでしょうか?今回は、デグーにとっての乳酸菌が必要なとき…

  • 116 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。