チンチラは賃貸で飼っても大丈夫?注意点調べてみた

  1. チンチラ
  2. 572 view

チンチラは小動物に分類されてはいますが、体も大きく運動量も多い活発な動物です。賃貸で飼育ができるのか、飼っても大丈夫なのか気になるところです。結果からいうと、大家さんの許可が降りれば飼育することは可能ですが、やはり賃貸ならではの必要な対策や、特に注意をしなければいけないことなどがたくさんあります。

今回はチンチラを賃貸で飼育するにあたって、注意しなければいけないことについてを紹介します。

 

チンチラは賃貸で飼ってもいい?

チンチラを賃貸物件で飼育したい場合は、大家さんの許可が必要です。小動物を飼ってもいいのか大家さんに確認を取りましょう。賃貸物件によっては、犬猫はNGだけれど小動物はOK等、様々なルールがあります。ペット不可の物件でも、大家さんとの交渉でチンチラを飼えることになったという事例もあります。

 

チンチラを賃貸で飼う上での注意点は?

チンチラはとても活発で1mを超えるジャンプ力を持っています。なのでサークル等で囲いこみをすることには期待ができませんので、チンチラをケージから出すときは部屋全体がチンチラの行動範囲になると諦めて対策をとりましょう。

 

チンチラがかじる物対策をする

チンチラを部屋で散歩させる時のために、かじり防止対策をしましょう。チンチラの届く範囲の壁や柱は全てコルク材等で覆うと良いです。また、コンセントをかじると感電したり火災の原因になり大変危険ですので、チンチラがかじれないようにコンセントはまとめて束ね、コンセントカバーなどを使用すると安心です。

 

マメに掃除をする

チンチラは基本的にトイレを覚えないので、部屋の散歩中にそこら辺に排泄してしまうことがあります。他にも砂浴びのときに空中に大量の砂が舞ってしまったり、毛が抜けたりしますので空気清浄機を使用するなど処理が楽になるような工夫も大切になってきます。

賃貸などの物件で動物を飼育する場合は、シミ等の汚れが残らないようにする為に、飼い主さんのマメな掃除と努力が必要です。

 

騒音対策をしっかりとする

チンチラは夜行性ですので深夜の静まり返った時間に回し車で遊んだり、カチャカチャという音を立てながら水分補給をします。また発情期などでは「ワンワン」と鳴きながらケージをかじったり、恐怖や苦痛を感じると、人間の赤ちゃんが泣いているような悲鳴をあげることがあります。

飼育グッズでの騒音は工夫をすることで改善することが殆どなので、回し車はサイレントホイールなど比較的音の静かなものを使用し、給水ボトルは先端にステンレスのボールが無いタイプのものや、置くタイプの給水器を使うなどの工夫をしましょう。

 

チンチラに適している賃貸物件は?

チンチラは暑さと湿度に弱い生き物です。冷房等を使用してしっかりと室温を管理できる物件を選びましょう。また、チンチラは聴覚に優れた動物なので、静かな環境だと安心して過ごすことが出来ます。出来る限り静かな環境の物件を準備してあげたいですね。

スマホでエアコンの電源がオンにできる機能が実装されているような賃貸であれば問題はないのですが、特に夏場の停電は命取りになってしまいます。すぐに帰宅できるような環境つくりや万が一に備えての対策を考えておく必要があります。

 

チンチラは賃貸でも飼える?まとめ

最近では、ペット可の賃貸物件が多く存在します。チンチラの飼育を決めているのなら、初めからペット可の物件を選ぶとトラブルなくチンチラをお迎えすることが出来ます。

もしペット不可の物件に住んでいてチンチラを飼いたいと思ったら、まずは大家さんに確認してみましょう。その際にはチンチラについて詳しい知識を持った大家さんは稀なので、詳しく説明ができるように、チンチラについてよく調べて理解してからお話しするようにしましょう。

どんな動物であるか画像や写真があると説明しやすいですね。

関連記事

チンチラの巣箱でのトラブル対処法とは

チンチラが巣箱から出てこない、巣箱に戻ろうとしない、などチンチラに巣箱のトラブルは付き物です。今回は、チンチラの「巣箱のトラブル」をテーマに原因や対処法などを紹介します。…

  • 218 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。